《 1982 CONCERT TOUR "Touch you,Tonight" 》

1982/12/22 -東京-渋谷公会堂



HARUMI.Tさんから、とても素晴らしいレポートを寄せて頂きました。本当にありがとうございます。



ツアー最終日と言う事もあり、会場内に独特な熱気が溢れる中ツアータイトルでもある「Touch you,Tonight」からスタート!
そしてアップテンポの2曲のあとスティービーワンダーの話を交えながら彼女の好きなアーティスト名を連ねたジャジーな「B.G.M.」を。しかしこの曲は、出だしが難しいらしく「あー緊張の一瞬!」と一言残し歌い始めたのですが・・・。出だしは順調しかし、緊張の為か歌詞を間違え照れ笑いをする場面も。
続けて「ポーラースター」のあとは、クリスマスにも聞きたいバラードの名曲「二人だけ」をしっとりと。そして結婚に関する話題になり、『周りは結婚ラッシュだけど私はまだまだ・・・』と締めくくり、続いて宮崎美子さんに提供した曲「NO RETERN」に始まり「白い花束」「甘い生活」「愛はかげろうのように」(八神さんオリジナルの歌詞と思われる)と時の流れを感じさせる曲が続きます。『自分で自信をもって言えるのは、今まで音楽でも詞を書いていてもまず嘘と言う物は一つも無いから、これからも本音でやって行きたい・・・』と、この発言はファンを納得させ、多いに喜ばせました。

そして24才の誕生日を記念して作った「夢見る頃を過ぎても」この曲は、『10代の人にはまだちょっと解りにくいかも知れないけど、そんな気持ちで聞いてください・・・オバサマが歌います(笑)』(場内大爆笑!!)と紹介のあと朗々と歌い上げ、後半はヒット曲のオンパレード。「グッバイ美しい日々」までを一気に歌い切り、ここで『今度の1月5日は何の日か?』と客席に問いかけ『♪さよな〜ら〜24才、Happy Birthday To Me♪(笑)』と口ずさみ、25才を迎えるにあたっての決意を次の様に語っていました。
『仕事を始めて丸5年、自分なりに誠意を持ってやって来た5年間で周りの人にお世話になった分、6年目に入ったら少しずつ返して行きたい・・・』いよいよ終盤です。美しいバラード「DAWN」そしてラストの「Mr.メトロポリス」を歌い終えエンディングは幻想的な白いスモッグの中へ一人消えて行きました。

そして、アンコールの前には思わぬハプニングが・・・。ファンの一人が八神さんに「赤いバラ一輪」を手渡すと同時に何と手にKISSをしたのです!!一瞬、身を引く八神さん、会場のざわめきをよそに席に戻ろうとするその背中に向け思わず『お、お名前は・・・?』(場内爆笑の渦!!)
そして『今日は、まだまだ力が余っているの!』とアンコールのラストには未来への希望を込めた「明日に向かって行け」で感動のうちに終了。

5年間の集大成と言った感じのコンサートでした。

  1. Touch you,Tonight

  2. Deja Vu

  3. FLY AWAY

  4. B.G.M.

  5. ポーラースター

  6. 二人だけ

  7. NO RETURN

  8. 白い花束

  9. 甘い生活

  10. .愛はかげろうのように(byシャーリーン)

  11. 夢見る頃を過ぎても

  12. 思い出は美しすぎて

  13. みずいろの雨

  14. I'm a Woman

  15. パープルタウン 〜You Oughta Khow By Now〜

  16. Mr.ブルー 〜私の地球〜

  17. グッバイ美しい日々

  18. DAWN

  19. Mr.メトロポリス


=アンコール=


 E1. 金曜日の夜

 E2. 明日に向かって行け

CONCERT PAGEへ戻る