《 1984 CONCERT TOUR "FULL MOON" 》

1984/ 3/ 1 −香川−高松市民会館



 アルバム“FULL MOON”はレコード会社移籍直前にリリースされたというだけあって、『もうこれで全て終わりだよ』的なムードが漂よっていましたが、このコンサートからもそういったただならぬ雰囲気が漂っていたようでした(今から思えば・・・)。これは何年前になるのかな??そう、14年も前になるんですね。実はもうはっきりとは覚えていないのです。曲目など、どこか違っていたらごめんなさい。

 前年に英語アルバムもリリースしましたが、すでにこの時レコード会社移籍を決意していた彼女。実は、もうアーティスト活動を止めてしまおうか(事実らしい・・)なんて考えた事もあった、という時期だけに、このようなベストな選曲だったのだと思われます。アップテンポな「夜空のイヤリング」ではじまり、アルバム“FULLMOON”通りに進んで行きます。『この曲は雨の日に作ったのよ』と、エピソードをはさみ「雨の休日」を。また“FULLMOON”の世界へと戻って行きます。

 そして中盤には怒涛のヒットパレード!が続きます。今でこそコンサートでは総立ちは当たり前だけれど、この当時のここ、高松ではお客さんもどうしていいのか分からない状態(笑)でした。もじもじと手拍子をしていた人が大半だったのではないでしょうか。そして英語アルバム“I WANNA MAKE A HIT WIT-CHO”から3曲を。その中の「You'll Take Best Of Me」はこのアルバムに唯一含まれる彼女のオリジナルで、ファーストアルバムに入っている「思い出の部屋より」の英語ヴァージョンです。今回は弾き語りでした。そして静かに夜明けのイメージで始まる「DAWN」。大ヒット曲「みずいろの雨」で盛り上がり、「I'm a Woman」ではもう隣りを気にしているお客さんはいないくらい盛り上がり(でも立ってませんが・・・)、「Broadway Kisses」「FULL MOON」で終わりのムードを漂わせて本編は終了。

 アンコールは、キーボードの田代さんと「陽だまりのあなた」を。コンサートはこれで終了でした。この時に僕は思ったのでした。『もう八神さんは辞めちゃうのかなぁ』・・って。そう思わせる何かがこのコンサートにあったと今でも思っています。それほどに印象に残るコンサートでした。

  1. 夜空のイヤリング

  2. FOLLOW ME

  3. NATURALLY

  4. 黄昏のBAY CITY

  5. 雨の休日

  6. NO!

  7. ハートブレイクホテルで朝食を

  8. 想い出のスクリーン

  9. ポーラースター

  10. Mr.ブルー 〜私の地球〜

  11. ラブ・シュープリーム 〜至上の愛〜

  12. パープルタウン 〜You Oughta Khow By Now〜

  13. I Just Wanna Make A Hit Wit-Choo

  14. Manhattan

  15. You'll Take The Best Of Me =弾き語り=

  16. DAWN

  17. みずいろの雨

  18. I'm a Woman

  19. Broadway Kisses

  20. FULL MOON

=アンコール=


 E1. 陽だまりのあなた =弾き語り=

CONCERT PAGEへ戻る