《 1997 X'mas CONCERT 》

1997/12/12−東京−原宿QUESTホール


 


今年2回目のコンサートツアー。オリジナルアルバムもリリースされ、ツアーも年に2回もあった事を考えればファンにとってはとても幸せな1年でありました。

で、今年は“カリフォルニアワイン”。一時期家にストックが数本有ったぐらい好きで、おいしくコンサート前の時間を過ごさせて頂きました(多少酔っ払いましたが・・・)。

キーボードのMAKIさん(アルバムでのキーボードはほとんど彼女が弾いています)が奏でるJazzyなピアノの「THE CHRISTMAS SONG」で登場した八神さん。以前よりも短くそろえた髪と(日本に戻ってくる度に短くなってしまうそう)、ドレスをまとった姿からは大人の女の雰囲気が漂ってきます。打ち込みのリズム音で始まる「カシミアのほほえみ」は生演奏じゃぁ雰囲気の出ない曲の一つ。『xx年前には走りまわりながら歌ったけど、その時の振りを思い出したわ。このカッコじゃぁ踊れないけど・・・(笑)』と言うほど懐かしい曲が続きます。前回のコンサート時にリクエストを募集し、それにそって選んだ曲達は、“ALFA-MOONレコード”時代からを主に選んでいるようで、次も懐かしい「MISS D.J.」。そして拍手が大きかった名バラードの「夜間飛行」に、ギタリストとの掛け合いが絶妙(微妙?)だった「SLOW ROCK」。『MAKIちゃんのピアノと一緒に歌ったんだけど、一回でOKだったのよね』と録音時の話をしながら「陽だまりのあなた」を(鳥肌が立つ程素晴らしい演奏でした)。そして、ヒット曲「想い出のスクリーン」を歌い終えた八神さんは、バンドが演奏を続ける中、衣装替えに下がります。そして間を空けずNEW ALBUMから「Stay Gold」、「So Amazing」を。『Emmaには「Bluebird」っていう名曲(笑)を書いたから、Noahにも書いてあげなきゃぁと思い続けてやっと出来た曲なんですよ。』と言って「Star Child」を。タイトなリズムの「Sympathy」、「タイトロープ」。そして本編最後にはお約束の「パープルタウン」で盛り上がり終了。

アンコール一曲目は、ロックンロールで「SANTA CLAUS IS COMIN' TO TOWN」。そして今回はオリジナルアレンジの「みずいろの雨」。『次の曲で最後です。みんなで歌おう!』ということで、「BROTHER & SISTER」のららら・・・を歌って終了。

全体的にすごくまとまりの良いアレンジと選曲・構成で、言う事なしのコンサートでした。ファンは回を重ねるたびにもっと上を求めてしまうのですから、是非次回は総立ちになるようなコンサートもお願いします。
  1. THE CHRISTMAS SONG

  2. カシミアのほほえみ

  3. MISS D.J.

  4. 美しい予感

  5. 夜間飛行

  6. SLOW ROCK

  7. 陽だまりのあなた

  8. 想い出のスクリーン

  9. Stay Gold

  10. So Amazing

  11. Star Child

  12. Sympathy

  13. タイトロープ

  14. パープルタウン
    〜You Oughta Know By Now〜


=アンコール=  


 E1. SANTA CLAUS IS COMIN' TO TOWN

 E2. みずいろの雨

 E3. BROTHER & SISTER



CONCERT PAGEへ戻る