Windy Kiss
〜SWEET BOSSA NOVA SELLECTION〜
1997年 7月25日 発売 \2,913-
TACX-2519(トーラスレコード)



レコード会社の枠を越えたボサノバの
コンピレーションアルバム

名曲「Be My Best Friend」収録

HMV渋谷店にて大展開中


  1. 台風の夜 / 具島直子

  2. 見つめられたらノーと言えない / 大本友子

  3. 泣きたかった / 柿原朱美

  4. Be My Best Friend / 八神純子

  5. あの日に帰りたい / 香坂みゆき

  6. Something In the Air / 高橋洋子

  7. どうぞこのまま / 丸山圭子

  8. 九月の雨 / 谷川理恵

  9. 星の散歩 / 小野リサ

  10. さよならは本気じゃないの / 水越恵子

  11. Midnight Mermaid / かとうれいこ

ボサノヴァが生まれたのは1950年代後半。まだ誕生してから半世紀足らずのジャンルというのも、とても意外な気がします。がしかし、その歴史の浅さを感じさせないほど、とてもポピュラーなジャンルです。
日本の多くの女性アーティストも、アルバムの中でボサノヴァ・アレンジにトライしています。いわゆる、ニューミュージックというジャンルで一番早い時期にボサノヴァにトライしたアーティストは、おそらく荒井由実あたりでしょう。'75年には「あの日に帰りたい」を大ヒットさせています。(ここでは香坂みゆきヴァージョンを収録。)
さて、ここに収録されている曲は古くは20年前の曲もありますが、一枚通して聴いてみると不思議なことに、時代をまったく感じさせないトータリティーのある一枚になっています。
私の知る限りでは、レコード会社の枠を超えた女性ボサノヴァのコンピレーションアルバムは初めてです。もちろん、一部借りられない音源もあったのですが、それでも自信を持っておすすめできる曲ばかりです。このアルバムを手にしてくださった方(特に女性ヴォーカル・フリーク)は、本当にラッキーです。と言いきりましょう。
ボサノヴァはイメージ的に夏の音楽ですが、このアルバムは一年中あなたのそばで愛聴していただきたい、していただけるアルバムです。目覚め、おやすみのB.G.M.、リゾート先の一枚、そして大切な人へのプレゼントとしても最適なアルバムです。
最後に、音源を快く貸してくださった各レコード会社の皆様に心より感謝いたします。

1997、初夏 長井英治 (選曲・ライナー)
TOP PAGEへ戻る