『あなたが選ぶアルバムの曲は?』メッセージ

「夢見る頃を過ぎても」編



みなさんから頂いたアンケートのメッセージです。



小澤章二 さん


SONG1. 『夢見る頃を過ぎても』
SONG2. 『二人だけ』
SONG3. 『I'm A Woman』





次郎長 さん


SONG1. 『FLY AWAY』
サンバホイッスルが一番良く似合う曲だと思っています。私ならブルーのセスナが欲しいですわ。夢捨てないで生きていきたいです。

SONG2. 『シークレットラブ』
あの溜め息で来るのが頭から離れません。そういう恋、した事ないのですが(苦笑)今からでもそうしてみたいです。


SONG3. 『B.G.M.(バック・グラウンド・ミュージック)』
テープに録音する時、ワンポイントリリーフとして最高です。いくつ純子さんはお歌いになられてるでしょう?





高田直幸「J's CAFE」


SONG1. 『夢見る頃を過ぎても』
夢見る頃を過ぎたとわかっていても、自分の夢は追い続けるもの。その事に気いているからこそ本当の自分と向き合えるのです。僕もそろそろ本物に気がつかなきゃ・・・。

SONG2. 『FLY AWAY』
これも2人で夢を追いかける曲なのかな。
でもこれはアレンジにノックアウトされました。本当に空に飛び出してしまうような疾走間がたまらなく好きな曲。ライブでまた聴きたいな・・・。
実はこの曲、車の運転中に聴いていると大変びっくりするのです。『ぴーーーーーーっ!』ってね(笑)

SONG3. 『二人だけ』
永遠のラブソングですね、これは。
大村雅朗さん追悼の意味も込めて・・・。



=MESSAGE=
このアルバムからはノスタルジックなものを感じます。青春の甘いにおいというか、エバーグリーンっていう物をね。いつまでも失いたくない気持ちと、大人な自分というものがアルバム全体から漂っていて、なんだか切なくなって胸がキュンとします。




高野のおじさん さん


SONG1. 『B.G.M.(バック・グラウンド・ミュージック)』
はじめて聴いたときは、なんてオシャレな曲なんだろうと思いましたね。しかも歌詞の中に、B.ジョエルやD.ロスが出てくるんだから堪えられませんね。

SONG2. 『シークレットラブ』
年甲斐もなく、こんな胸キュンものが好きですね。自分には、思い当たらない体験ゾーンだからかも・・・

SONG3. 『二人だけ』
いろいろと悩みましたが、いまは亡き大村雅朗さんに敬意を表して、この曲を。



=MESSAGE=
このアルバムは、どの曲も個性があって好きですね。たまたま今回選んだ3曲はJunkoさんの作曲ではなかったけれど・・




武内 出 さん


SONG1. 『FLY AWAY』
これは、ディスコメイト時代の一番のお気に入りです。当時、シングルカットすればいいのに。と思ってました。

SONG2. 『夢見る頃を過ぎても』
心が安らぎます。

SONG3. 『I'm A Woman』
当時は、あまり好きではありませんでしたが、ライブ映えするので、「八神元年」コンサート以降、すごく好きになりました。



=MESSAGE=
このアルバムは、私が購入した、初めてのオリジナルアルバムで、何度も何度も聴きました。アルバムのジャケットもすごく落ち着いていて、内容とジャケットが非常にしっくりいく良いアルバムだと思います。
コンサートで、八神さん御自身もこのアルバムは好きだ。と話しておられました。




ちこた さん


SONG1. 『FLY AWAY』
高校時代に合唱コンクールで歌った。もちろん私の選曲です。

SONG2. 『夢見る頃を過ぎても』
涙がでできます。

SONG3. 『I'm A Woman』
パワーがでてくる!!!





出淵晴彦 さん


SONG1. 『金曜日の夜』
当時車の中でどれだけ繰り返し聞いたでしょうか。この甘くやるせない歌声と彼女ならではのアレンジで最高でしたね。

SONG2. 『白い花束』
順番をつけるのは難しいけれどこの曲は自分の結婚式のオープニングに使いました。

SONG3. 『夢見る頃を過ぎても』
なんかホッとする曲ですね。アルバムのオープニングでもあるし・・・。





中村太郎 さん


SONG1. 『夢見る頃を過ぎても』
SONG2. 『FLY AWAY』
SONG3. 『I'm A Woman』





ハトサブレー さん


SONG1. 『夢見る頃を過ぎても』
やっぱり、この手の定番の歌い方が最高

SONG2. 『二人だけ』
SONG3. 『I'm A Woman』


=MESSAGE=
アルバム自体が、お金かかってるなと思う。スタッフ等
曲と曲とのつなぎの部分も文句の付けようがない出来です。




平林義正 さん


SONG1. 『ナイス・メモリーズ』
原田真二とのジョイント。バックコーラスは真二です。

SONG2. 『STATE OF AMBER』
午前0時 とても 色っぽいです

SONG3. 『LIVING IN BRAZUL』
たしか後藤次利がアレンジだと思いますが(すみませんCDは会社です。)アレンジが好きです




ふかぴょん さん


SONG1. 『FLY AWAY』
いいですね。この乗り!わくわくします。ワイルドでドラマティックなアレンジが好きです。

SONG2. 『ナイス・メモリーズ』
原田真二とのコラボレーションでとてもかっこいい曲です。

SONG3. 『夢見る頃を過ぎても』
リズム嗜好な私ですが、このタイトル曲は歌詞がけっこう心に入ってきます。




松田辰彦さん


SONG1. 『夢見る頃を過ぎても』
大人になったらこういう風に思っていたいなぁと感じていました。いま、まさにその頃かな・・・

SONG2. 『白い花束』
荘厳な感じで、心が洗われるような曲です!!

SONG3. 『B.G.M.(バック・グラウンド・ミュージック)』
ど頭のフランクなイメージがとっても好きです。何にも考えなくていい曲です。(いい意味でですよ)



=MESSAGE=
このアルバムは、特に好きなもののうちの一枚です。




やかわ さん


SONG1. 『FLY AWAY』
大好きです。セスナを見るとよく赤を探すんですがまだ見たことはありません。

SONG2. 『一年前の恋人』
詞のラストの「会わない」結末がまたいいですよね。曲も素敵です。

SONG3. 『夢見る頃を過ぎても』
夢見る頃から聴き始め夢見る頃は過ぎましたがこうして今もヤガマニアでいられるのはとてもうれしいです。





asumi さん


SONG1. 『夢見る頃を過ぎても』
「夢見る頃」は、生きていればいつでも誰の心にでも存在すると私は思います.小さい頃なら、遠足を心待ちにしている時がそうなんだろうし、大きくなったら何になろうとかってのもそうですよね.
実際に大きくなってからはというと、新しい職場や、新しい家庭等など…。まあ、不安が付きまとうとはいえ、未知の世界?へのあこがれってありますよね.いわば、「夢がかなっちゃった後も、私の気持ちの中で、夢見てた頃の輝きは生きている。」こんな歌ではないでしょうか。

SONG2. 『FLY AWAY』
やっぱり、限りなき大空を連想します.雲一つないスカーンとした空と、それにあこがれるパートナーとそれを見守る主人公.ドラマだ….(なんて書いているが、私はかなりの高所恐怖症だったりするから、現実は地上から見上げるだけです。とほほ…)

SONG3. 『金曜日の夜』
この歌…「シークレット・ラブ」と同票なんです、私の気持ちの中では.両方とも彼女の高音が最大のポイントだったりするわけです。今回はあえて、少しノリのいい方を選びました.
(たいしてかわんない?)


=MESSAGE=
このアルバムは、私が初めてポケットマネーで購入した、非常に想い出深いアルバムです。
私のはLPなのですが、レコードの中心部(曲目とか書いてある所ね。)に写ってる八神さんの写真がとても素敵でたいへん気に入ってます.CD盤でも、どこかに生かされてることを祈ります.
中身の方は、どの曲にしても八神さんの「歌声の一番透き通った部分」が最大限に生かされていて、こちらの気持ちまで洗われる、そんな思いがする1枚です。




HOKUTO さん


SONG1. 『ナイス・メモリーズ』
何か、格好良かったです。原田真二のコーラスもよかったし。あんまりライブでやってくれないですよね。

SONG2. 『二人だけ』
聞く度に、よさがわかっていく曲ですね。最近は、作曲の大村さんが亡くなったこともあって一層、感慨深さが募ります。

SONG3. 『一年前の恋人』
この曲、なんでいいのかわからないのですけど(笑)よく、僕の鼻歌に登場するのです。河合奈保子に提供した「街角」にちょっと似てるのですけど。好きな曲です。



=MESSAGE=
このアルバムは、僕が彼女のファンになって、初めてリアルタイムに聞いたアルバムなのでなんか、思い出があります。それこそ、小遣いはたいて買ったので、擦り切れるまで聞きました。

そういえば、谷村新二が、このジャケットの純子さんの首にテンカフンを塗りたくなるって言ってたのを、思い出しました。




H.Shun さん


SONG1. 『二人だけ』
この曲は、いつ聞いてもジーンと来るんですよね。

SONG2. 『FLY AWAY』
八神さんらしい、前向きで、力強さを感じる素敵な曲です。

SONG3. 『B.G.M.(バック・グラウンド・ミュージック)』
「音楽」は、やっぱり楽しくなくっちゃね。この曲聴く時は、いつも一緒に口ずさんでます。



=MESSAGE=
このアルバムは、いろんなタイプの曲が詰まっていて面白いです。




KumaKuma さん


SONG1. 『シークレットラブ』
SONG2. 『金曜日の夜』
SONG3. 『FLY AWAY』





minako さん


SONG1. 『シークレットラブ』
セクシーな曲ですが、テンポと曲の感じが好きだったので良く聴いていました。

SONG2. 『FLY AWAY』
相手の意志を尊重し、相手を思いやる女らしさが出ている曲だと思います。「夢を諦めないで...」と言ってるようで、女性のけな気さが伝わってきます。でも、それでいて、とても軽快で、元気が出る曲です。そして、サンバホイッスルもこの曲を引き立てていて、大好き。
私も”恋に恋する女性”として、そんな女性になりたいと思っていました。...今の私、そんな女性になれてるのでしょうか?

SONG3. 『一年前の恋人』
この曲は、情景がすごく鮮明に想像出来るので好きです。
一年前の恋人に会う時の感じが良く出ていて、ワクワク・ドキドキが伝わってきました。


=MESSAGE=
このアルバムは、私が手にした八神さんレコードで3枚目のものでした。
当時、私は高校生だったのでこのアルバムが私の「恋」のお手本になっていたように思えます。私には大きく影響したアルバムです。...懐かしい。




RAIZO さん


SONG1. 『二人だけ』
名曲中の名曲ですね。これだけは迷わず選べました!メロディーの美しさはNo.1です。


SONG2. 『一年前の恋人』
大好きな曲です。曲の中の彼女の心境が初々しく描かれていて、聞くたびにキュンときます。(^^)


SONG3. 『I'm A Woman』
ポップで気持ちのいい曲ですよね。間奏の盛り上がりなんかはいつも鳥肌が立ちます(^^)ヾ


=MESSAGE=
このアルバムの曲はみんな好きです。
1枚目を聞きつぶして2枚目を購入するほど聞きました。当時のコンサートも思い出します。(ナツカシー!)




Natural Born Maste さん


SONG1. 『シークレットラブ』
八神さんの色っぽいため息と拍子木(?)の音が実によくマッチしていると思います。

SONG2. 『白い花束』
結婚式を挙げたら絶対この曲で花嫁さんに入場してもらいたいです。

SONG3. 『夢見る頃を過ぎても』
この曲を聞くと当時学生だった時のことを鮮明に思い出します。



=MESSAGE=
20周年記念CDはいつ頃でるんでしょうか。楽しみにしています。




Satoko さん


SONG1. 『白い花束』
このメロディーと純真できれいな歌詞が好きです。"結婚"ってそんな簡単なものじゃないと思うけれど、こういう気持ちに立ち返りたいですね。"結婚"に限らず、"幸せになるために生まれてきたの"の言葉が好きです。

SONG2. 『FLY AWAY』
力強くて、どこまでも飛んでいきそうな純子さんの声に落ち込んだ時は聴きたくなる曲のひとつです。

SONG3. 『シークレットラブ』
3曲目はどれにしようかなと迷ったのですが。どこか危険さを漂わせる詞とそれに合ったメロディーが好きで、ついつい「シークレット・ラブは〜」と一緒になって歌ってしまいます。



=MESSAGE=
"RENAISSANCE"が出た頃から純子さんの歌を聴き始めた私は、このアルバムを買ったのは結構あとの方。最近の純子さんの歌が大好きなのですが、YAMAHA時代の曲もやっぱり大好きです。




Wassy さん


SONG1. 『I'm A Woman』
SONG2. 『B.G.M.(バック・グラウンド・ミュージック)』
SONG3. 『FLY AWAY』



=MESSAGE=
「夢見る頃を過ぎても」がリリースされる前年にシングルでリリースされていた「I'm A Woman」は、とにかくはやりましたよね。大好きです。




Yukio Tsukuda さん


SONG1. 『夢見る頃を過ぎても』
この曲は、高校生のときによく聞きました。いまでも、ブルーノートなどにくると、八神さんの歌を聴きに行きます。
今度は、ブルーノートで、この曲を歌ってください。

SONG2. 『一年前の恋人』
ゆっくりしたテンポの曲で、当時、高校生だった自分に、大人の恋を感じさせてくれました。

SONG3. 『シークレットラブ』
いまでもこの曲を聞くと、ときめきます。数年前の、自分の恋を思い出します。



=MESSAGE=
20周年記念CDはいつ頃でるんでしょうか。楽しみにしています。




YUMI さん


SONG1. 『二人だけ』
タイトル曲と迷ったんですけど、今回は(?)こっちにしました。この曲のイメージは、うすーい水色の空にうろこ雲がかかっているというかんじです・・・。

SONG2. 『一年前の恋人』
このアルバムの中では地味な方かもしれませんが、「一年前の恋人」に合うドキドキした気持ちがよく伝わってきて、うまい詩だな、と。

SONG3. 『シークレットラブ』
なんかミステリアスでいいですよねー



=MESSAGE=
アルバム全体のかんじとしては、バラエティーにあふれてて、ファンとしてはうれしい作品というところでしょうか。でも、これが発表されたのはもう15年くらい前ですよね。でもいつ聴いても新鮮です。



ここから後は、アンケート期間が過ぎてからの送信分になります。


しいば さん (神奈川県横浜市 /男性 /35〜39歳 /社会人)


SONG1. 『夢見る頃を過ぎても』
こういう曲があるからヤガマニアやめられないという...
「FLY AWAY」でメロディが再び現れるのもGOOD。
我々が学生の頃は、この曲は「夢見る頃を過ぎても」、アルバムは「夢過ぎ」と称していました。

SONG2. 『ナイス・メモリーズ』
最後まで原田真二は黒子に徹っしていて、凡庸のディエット曲にならずに正解。

SONG3. 『二人だけ』
上記2曲以外は甲乙つけ難い程粒ぞろいのアルバムですが、曲の良さで。



=MESSAGE=
今聴くと各々の曲がそれぞれ自己主張しており、アンケートも見事にばらけた結果になっています(KENさんともついに接点がなかった...)。そういう意味では初期のアルバムとしては完成度が高いのではないかと思われます。




浜ちゃん さん (福井県遠敷郡 /男性 /30〜34歳 /自営業 )


SONG1. 『シークレットラブ』
SONG2. 『一年前の恋人』
SONG3. 『二人だけ』





政宏 さん (神奈川県横浜市 /男性 /35〜39歳 /社会人 )


SONG1. 『金曜日の夜』
尾瀬に行ったときに登りながら曲の頭の部分を口づさみながら登山していて、なんとなくhappyな気分になっていました。

SONG2. 『FLY AWAY』
fly awayのフレーズがなんとなく気に入ってしまった。

SONG3. 『二人だけ』
ゆったりとしたテンポで「二人だけ」が余韻として残っている





KEN さん (神奈川県横浜市 /男性 /25〜29歳 /社会人)


SONG1. 『金曜日の夜』
ラブソングの究極でしょう。彼に会えないから、金曜日の夜がつまらない。そんな彼女の気持ちがひしひしと伝わってきます。

SONG2. 『一年前の恋人』
歌と同じように、昔の恋人と同じ様な体験をしたいな・・・。

SONG3. 『FLY AWAY』
最初のイントロのサンバホイッスルを八神さんと一緒に吹いたらさぞかし気持ちいいでしょうね。
そう、このサンバホイッスルを吹いているのは、八神さんだそうで。知らなかった。



=MESSAGE=
このアルバムは、八神さんのいろんな挑戦が含まれているような気がします。今聞くと、B・G・Mには今の八神さん、そしてI' A Womanには”純”を出す頃の八神さんの曲調が感じられます。皆さんどう感じられますか?