「BS 日本のうた」 フォーク大集合'98

Satokoさんの報告です


Satokoさん(兵庫県加西市 /30〜34歳 /社会人)

収録へ参加された「Satokoさん」から、収録の裏話が届きました!
みんなで「シェアー」する事にしましょうか・・・


Satokoさん、ありがとうございました。


 純子さんのファンになってまだ4年なので知らないことがたくさんあります。コンサートやディナーショーはほとんど一人で行っていたので(コンサートは東京が多いし、ディナーショーは高くて友達を誘うのには勇気が要るし)、純子さんのファンの方とたくさん知り合いたいと思います。インターネットもなかなか始めなかったので、こんなHPがあることを知らなかったことがとても残念です。これからもどんどん続けていって下さい。私もどんどん参加したいです。これからよろしく!!

 ところで、私は松山での「日本のうた」の公開録画に行ってきましたので、テレビで放送されなっかた部分を(主に純子さんのところ)報告したいと思います。

 収録は2時間の予定を大幅にオーバーして約2時間45分。中盤、観覧者の方の選んだ曲上位20曲の中で、純子さんの曲は「水色の雨」でしたね。女性の司会者が「パープルタウン」を聞きたいと言ったので、純子さんはアカペラで「パープルタウン」を歌うのは難しい、というようなことを言いながらさびの部分を歌ってくれました。
 その後の「翼をください」では、高田さんがHPで純子さんがシャウトした、と載せていましたが、確かに南こうせつさんが、(はっきり覚えていないのですが)「このような時はみんな自分の歌いやすいキーで歌ってしまう。だから八神純子さんもア〜ア〜と叫んでいましたけど・・・」(前置きはもっと長くて言葉も確かじゃないと思うんですけど)というようなことを言っていました。
 続けて、純子さんの歌「水色の雨」が終わった後、純子さんは会場のみんなに「『水色の雨』ってフォークソングだと思います?」って聞いて、みんながそうだっていう意味で拍手をし始めると純子さんは「違いますよね」って、みんなの好意(?)をちょっと裏切って(?)「私が日本に帰ってきているので、きっと南こうせつさんが呼んでくださったんでしょうね。」と言っていました。
 その後、「Star Child」を歌うのに椅子に座るのですが、座って足を組もうとするとドレスが椅子に引っかかって「どうも引っかかってしょうがない」って言って少し直して「これでいい」って言って歌い始めました。
 歌の後、司会者とのトークでロスでの活動が出た時、司会者が「アメリカで」(・・・何だったけなー(笑)、コンサートだっけ?CDだっけ?すみません、忘れてしまった。)「アメリカで・・・・・しようと思わないのですか?」と聞くと「それも考えたんですけど、いろんな人の話を聞いていると、ツアーに出て一ヶ月位家を空けないといけなかったり、そうすると家庭を捨てることになるでしょう?それは出来ないので、今は早く子供を育て上げてしまおうと思っています。」と純子さん。そこで会場から拍手。
 最後、出演者全員での「おもかげの色の空」で収録は終わるのですが、会場からはNHK放送にしてはめずらしいアンコール。司会者が「収録はもう終わりました」と言うのですが、アンコールが続いたので、南こうせつさんと伊勢正三さんあたりが相談して「今日の日はさようなら」。最後のあいさつはみんなで肩を組んで礼、でした。



TOP PAGEへ戻る